プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 児童ポルノは通信傍受と共謀罪処罰の対象 | メイン | 共謀罪法案は国連条約との関係でも疑問 »

2017年2月17日 (金)

「等」準備罪

※ 2/25「共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明」 呼びかけ人・賛同者合計が160名になりました。

(1)
殺人の目的で凶器や薬品などを準備すると、殺人予備罪が成立します。
殺人予備罪で処罰できないテロ準備行為には、どのようなものがあるでしょうか?
考えてみてください。

殺人の目的なく、凶器や薬品などを扱う行為や、
殺人の目的で、凶器や薬品などを扱わない準備行為

がありえます。

(2)
では、その中で、

爆発物取締罰則、化学兵器禁止法、細菌・毒素兵器禁止法、サリン法、毒物劇物取締法、銃刀法、特定秘密保護法、詐欺罪、建造物侵入罪、凶器準備集合罪、ウィルス作成罪、電磁的記録不正作出未遂罪、電子計算機損壊等業務妨害未遂罪、偽計業務妨害罪、ドローン無許可飛行罪

などの現行法では処罰できない、テロ準備行為には、どのようなものがあるでしょうか?
考えてみてください。
100以上思いつきましたでしょうか?

殺意も危険物の扱いもない準備行為

ということになるでしょう。

(3)
では、捜査機関はそれらの行為がテロ準備行為であることをどのように探知できるのでしょうか?
考えてみてください。

・常時監視する
・証拠がなくても摘発する

以外に、いくつ思いつきましたか?

20090606000148