プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 11/9 京大吉田事業場過半数代表者選挙 | メイン | 12/4(日) 長谷川郁夫×中沢けい@京大! »

2016年11月10日 (木)

樋口陽一先生講演会ほか

恩師樋口陽一先生(1934-、立憲デモクラシーの会・安全保障関連法に反対する学者の会)のご講演を2件お知らせします。

11/12
トランプ大統領誕生を予測していらっしゃいます
---以下、主催者サイトからの引用です。---facebookページ12111601

いま「国民」の「主権は」?
 ~エリートを拒否する「国民」?
「強い権力」を求める「国民」?
     そして日本は?~...

日時:11月12日(土) 15:00~17:00
場所:上智大学 12号館 3F 302教室
〒102-8554 千代田区紀尾井町7-1
(JR中央線・東京メトロ丸の内線/南北線四ツ谷駅
麹町口・赤坂口から徒歩5分)
 http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

講師:樋口 陽一 さん(東京大学名誉教授、上智大学元教員、法学博士(憲法学))
略歴:1934年生まれ、東北大学、東京大学、上智大学、早稲田大学、パリ大学で教授、特任教授、客員教授を務め、国際憲法学会などの学会の名誉会長。
主な著書:最近の一般人向けの本として「日本国憲法」―まっとうに議論するために―(改定新版2015 みすず書房) など多数

講師から一言
「国民」が「主権」者だということは、どういうことなのでしょうか。どうみるべきなのでしょうか。
私の話しの当日に、トランプ大統領が実現している可能性は決してないわけではない。イギリスの国民投票 は予想に反してEU離脱を決めた。ハンガリーのオルバン政権やトルコのエルドガン政権の強権発動は、国民に支持されている。何よりプーチン政権は圧倒的に国民の人気を集めている。
そして、日本は?…‥みなさんと一緒に考えてみたい。

参加費:1,000 円(学生/生保・障害者 500円)
☆どなたでも参加できます。事前申込は、不要です。
☆終了後、講師を囲んで懇親会を予定しています。
各自が飲食された分をお支払いいただきます。

主催: ベグライテン HP http://begleiten.org/
FB https://www.facebook.com/begleiten2/
ミシュカの森 FB https://www.facebook.com/mforest
共催: 上智大学哲学科
問合せ:090-9146-6667(関根) ・ ANA71805@nifty.com(入江)

-----------------------------

11/26

自民党憲法草案を問う!@民進党神奈川
---以下、チラシからの引用です。---

先の参院選を受けて、憲法改正が現実の政治課題として浮上しています。
そこで、改憲案の基本となる自民党改憲草案について、日本を代表する二人の憲法学者に徹底的に論じて頂きます。
是非、お誘いあわせの上、ご参加下さい。

1126

PDFチラシ

11月26日 14:00~16:00 藤沢ミナパーク多目的ホール
第1部 講演:樋口 陽一
第2部 講演:小林 節
第3部 対談:樋口陽一×小林節 司会:あべともこ衆議院議員
参加費 :当日2,000円    事前申し込み(前日まで) 1,500円
【主催】民進党神奈川県第12区総支部 あべともこと共に歩む会
【問い合わせ】〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-13-13 藤沢共同ビル1階
TEL 0466-52-2680  FAX 0466-52-2681
■寒川の皆さま  13:00町民センター発、送迎バスをご利用ください。
ご利用の際は上記へご連絡下さい

* * * * * * * *

その他のお知らせ

11/13
日本フンボルト協会関西支部にございます。

シリーズ「ドイツへの眼差し」:日本フンボルト協会関西支部企画 第2弾
難民問題とドイツ

2016年11月13日(日曜)午後3時から
ニコニコ動画: http://live.nicovideo.jp/watch/lv280466990
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCrUx4EiHsTRpuKnElG3QDVA

 難民受け入れを回避するため、英国民はEUからの離脱を決めた。これに対し、ドイツは驚くほど難民に対する開放的政策を取っているが、足元ではこれに反対する民族主義が台頭し、現政権の基盤を揺るがし始めている。
 今回は、ゲーテ研究の第一人者であるとともに、現代ドイツ社会についても詳しい、高橋義人平安女学院大学教授・京都大学名誉教授に、難民問題に関するドイツの歴史と、現在の状況について、お話を聞きます。
 今回はニコニコ動画に加えて、YouTubeでも同時発信をする予定です。ぜひ番組をご覧ください。

-----------------------------

11/19

総がかり 学者の会も参加します。

19111601

* * * * * * * *

トランプ候補勝利についてのサンダース氏のコメント

OVERSEAs より。
仏大有志の会・野崎先生 good job です。
TPP にノー。
アベノミクスにノーです。

リテラ「トランプ恐怖は日本の対米従属の表れ」
(11/8)

アメリカではどこかの国と違って憲法が尊重されていますから、合衆国憲法に明らかに違反する暴言の内容がそのまま実現するはずがないことを皆わかっているのです。どこかの国のアタマだけでアメリカを見るのはアメリカ人に失礼だと思います。
許しがたいポピュリスト的言動の繰り返しにもかかわらずトランプ氏が少なからぬヒスパニックやイスラム教の人の支持を得た理由を考えるべきです。
日本では政権に不都合な側面はほとんど報道されていませんが。

0611160301 11/6 宝ヶ池公園

0911160101_211/9 丸太橋