プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 集会・講演などのお知らせ | メイン | 学者の会などのお知らせ »

2016年9月11日 (日)

共謀罪(「テロ準備罪」)に反対です

1_2

政府は、これまでに何度も廃案となっている共謀罪を「テロ準備罪」の名前のもとに新設する法案を国会に提出する予定であると報道されています。
与党内にも慎重な意見があるようですが、私は10年以上前からこの立法に反対しています。
現在の主な反対理由は次のとおりです。

1. テロ対策立法はすでに完結しています。
2001年9月11日の同時多発テロを受けた国際的取組みとして複数の条約が締結され、日本も早期に国内立法を行ってこれを批准しています。
また、従来から、殺人予備罪・放火予備罪・内乱予備陰謀罪・凶器準備集合罪・爆発物取締罰則や各種の化学物質規制も存在しています。

2. 日本は独自の組織犯罪対策で成果を上げており、治安の悪い国のまねをする必要はありません。
大審院時代以来の実務である「共謀共同正犯」論によって、諸外国の共謀罪よりも優れた成果を上げてきました。
最近の日本の犯罪情勢も大きく改善されています。
諸外国こそが日本にならうべきです。
国際刑事裁判でも、日本法のような制度が採用されつつあります。
共謀罪の新設は、日本固有の刑事司法の伝統を破壊してしまいます。

H11101 

平成27年版犯罪白書1-1-1-1図

3. 取締り権限が濫用されるおそれがあります。
犯罪が減っているのであれば、テロ対策の人員を強化することで、さらに治安の向上を目指すことができるはずです。
取締り権限の範囲を広げることは、逮捕・勾留などが濫用されることにつながりかねません。しかし、法案は国連国際組織犯罪条約と関係のない内容まで含むとされています。必要な国際協力は現行法の下でも十分に可能です。

取締り権限の濫用の例は、クラブの一斉摘発です。風営法に違反したという口実で、多くの人が冤罪で訴追されてました。最高裁判所で無実の判断が出るまでに4年もかかっています。
共謀罪が導入されれば、人が集まって話しているだけで摘発されてしまうかもしれません。

4. 最も有効なテロ対策は安保法制の廃止です。
イスラム国などのイスラム過激派は、米国と共に武力を行使する国を敵とみなします。
すでに、バングラデシュで日本人農業家暗殺事件と、日本人をも被害者とする飲食店のテロ事件がありました。シリアではジャーナリストの拘束がありました。
武力行使をしない国であることが、内外の邦人の安全につながるのです。

強行採決から1年、国会前に登場します。

19091601 総がかり行動
立憲デモクラシーの会から、西谷修先生、
安全保障関連法に反対する学者の会から、高山が参加します。

0609160101_2

 空襲で焼け野原に

1009160601 聖マリア大修道院、フルダ

2016.8.31. 日弁連「いわゆる共謀罪法案の国会への提出に反対する会長声明」

日弁連共謀罪法案対策本部「日弁連は共謀罪に反対します」
これまでの文書・資料など

*********

二重国籍の政治家に関する麻生太郎総理大臣の答弁

二重国籍の政治家に関する福田康夫総理大臣の言明