プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 文化こそ日本の産業の源(`・ω・´) | メイン | 市民連合@京都立ち上げ!ロゴマークに投票しよう »

2016年3月28日 (月)

京大教授の年収と「社会一般の情勢」

当ブログの2014年7月1日記事「京大の給与明細を公開します」について、本年3月6日に、
京大教授の年収wwwwwwwwwwwwwwwww
というスレッドができ、また、同3月25日には
京都大学の教授が給与明細を公開。衝撃の年収が明らかに!
が公表されました。

さらに、
togetterまとめ 京大教授がたったの年収940万!
 2ちゃんねる 京大教授が給与明細公開、安すぎてワロタ
などのページもお作りいただいています。

3/6以来、私のブログのアクセス数は6万6000件に達しており、特に3/26は24時間で4万500件を記録しました。
2014年の公開時にも1週間で1万件ぐらいのアクセスがありましたが、今般はさらにたくさんの方にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

******************

コメントなどでいくつか疑問があがっているようですので、情報を追加させていただきます。

★ 副収入はあるが、しばしば赤字

講演料、原稿料など、京大の給与以外の収入もあります。
しかし、研究資料代などの費用が持出しになっていることが多く、年によってばらつきがあるものの、確定申告ではマイナスとなることもままあります。

★ 研究費は年間12万5000円

大学から支給される研究費は、年や職場により異なります。私の所属する研究科では、教授の研究費が上記の額です。
そのため、外部資金を獲得する必要がありますが、応募重複制限・受給重複制限があるため、同一人が得ることのできる金額は限られています。
また、年度をまたぐ執行が原則としてできないので、2~3月に必要なものが出てきた場合には私費での購入となることが多いです。

★ 京大をやめません

東大・京大から有力私大に流出する教授が続出していますが、私は転出しない予定です。
日本および韓・中・台などのアジア諸国からトップレベルの学生を集め、日本法を教えて母国の大学教員や法曹として送り出すシステムを確立したからです。
ありがたいことに、諸外国で高い評価をいただき、毎年数件の海外招へい講演の機会をいただくに至っています。
私の研究室では、若手研究者が極めて優秀で、教授がいちばん無能です。。。

いずれにしても、京大の状況は国公立大の中で最も恵まれたほうであることに疑いありません。
そして、私学助成金も不足しており、私大も大変です(私も前任校は私大です)。

******************

<お願い>
もともと明細を公開した理由は、賃金訴訟で論点となるはずの独立行政法人通則法(国立大学教員は2004年に国家公務員の地位を剥奪されています)が、国立大学教職員の給与を「社会一般の情勢に適合したものとなるよう」定めなければならないとしたことでした。
同法の現行の条文では、民間との競合において人材を確保する必要性も明確に述べられています。

上記の各スレッドについて書かれたツイートなどの圧倒的多数の論調は、
「私大並みに引き上げるべき」
というものでした(疑う方はご自身でお確かめください)。
この意見は、独立行政法人通則法の考えにも合致しているといえます。
しかし、現実には格差があることから、私大への人材流出が顕著に生じています。
また、法学研究者の収入は大手渉外事務所弁護士や裁判官よりもはるかに低いため、そもそも研究者を志す若手を確保することも大変です。

残念ながら、賃金訴訟(控訴審)は3月23日に結審してしまいましたので、その後にこの問題が社会で極めて高い関心を呼んだことは、裁判所に公式に報告することができません。

そこでみなさんにお願いです。
日本で大学予算(私大もです)が少ないという問題関心を一般的に広めていただき、これが話題になったことがどこかで裁判官たちの耳にも入るようにしていただきたいのです。
どうかよろしくお願いします。

29031601

3.29 国会前です!
19:30からのSEALDs×学者の会@国会前北庭で、かつての同僚間宮陽介先生とスピーチを担当させていただけることになりました。

それより前の時間帯は、MIDDLEs希望のエリア(同じ側の少し離れたところ)にいます。
大学関係以外の方には、そちらでお目にかかれますと幸いです。

SEALDs KANSAI@梅田は岡野八代先生です!
国会まで来られない方は、ぜひこちらにご参加ください happy01
19時梅田ヨドバシカメラ前です

2903160201 SEALDs facebook のレポートです☆
佐藤学さん、間宮陽介さん、西郷南海子さんと一緒です happy01