プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年を振り返る

21011509_2

1月、風営法無罪判決で幸先良いスタート 
しかしその後、警察庁が解釈改憲
「経済」って単語知ってます?
「音楽」はどうですか?
ほかにすることがありませんか?
自分の仕事に疑問を感じませんか?

Yjimage066qb6pi_2

1億総活躍だ!

 
そりゃたいへんだ!Jjjj1

憲法98条って見たことありますか?
日本語読めます?

Chaoobama01You see the difference.Chaoabe01

なまにくNiku

30081528

Deutscheeinheit_mauerfall1

採決ってあったんすか?17091501記録にございません

10月3日、バングラデシュで星邦男さん殺害
イスラム国が犯行声明Kuniohoshi1外務省もイスラム国に対する注意を公式に喚起

Oosuna_2

               ▲ カイロ大学出身
 

イスラム教徒の友だちが何人いますか?

Mamaarabic_2 やっぱ積極的平和主義ちゃう? 

 池田大作氏も同じことを言っていた
そして、間違いなく世界中で実践していた
今どうよ仏罰

Hachiue

元気そうに見えるお花も、お水をあげないと死んでしまいます
カクサン部  は固まってないでカクサンすること


 

Minions1ミニオンズ
 
市民連合、大勝利なるか!?

Minshu    ゴネている人がいても置いて行こう

Karugamo

よしいくぞ 

第26代京都大学総長、山極壽一先生(国際霊長類学会前会長)のご研究は平和研究

Ikemen2

Ikemen1 どっちがイケメン?

ゴリラは平和共存ができる
ゴリラにできることなら、人間にもできるはず
(がんばれば)

2015061700080_11_2東川哲也氏撮影
   さすがに、保守とカルトの区別くらいつきますよね?
   日本殲滅会議

ControlledRoad to Serfdom

社畜のみなさん、
いま福島がどうなっているか、当然知ってるんですよね?

 
Hitler1 一瞬別の人に見えた

Amnestyinternational_2  

12/20MIDDLEs第九@新宿フラッシュモブのたぶん唯一の練習風景 
with みかん

2015年12月24日 (木)

京大総長選廃止問題から2年

Img_592401

2013年12月24日、京大職組は、総長選挙を秘密裏に廃止する動きに反対する宣伝行動を実施しました。

  憲法で保障された学問の自由と、大学の民主的な運営を、教職員・学生の知らないうちに強行廃止しようとする動きのあったこと、

  また、複数の大新聞により虚偽の報道がなされたこと。

もう一度、今この時点に立って、あの事件を振り返ってみることに意義があると思います。
私たちの受けた屈辱を忘れることはできません。

▼ 総長選挙を廃止しようとした人々と、大学の自治を守るために闘った人々はこちらです。
当時の京都大学総長選考会議委員

2312150101

OECD最下位の予算配分がさらに削られ、反知性主義の奴隷となる大学。
日本がバカばかりになっても良いと思っているのは、売国奴です。
すでにアジア諸国に負けているのがわかりませんか?

 

【自民党 安倍晋三総裁らから推薦と激励】

Img271222_011

Img271222_021

Img271222_031 写真はすべて門川大作氏オフィシャルサイトより

Souda ポスター作りました。souda.pdfをダウンロード

 

Dokuro

2015年12月22日 (火)

市民連合が発足

12/20に、総がかり行動実行委員会、学者の会、ママの会、立憲デモクラシーの会、SEALDsの有志が呼びかけ人となって、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を発足させました。

facebook ページ

選挙での勝利により、安保法制を廃止することと、立憲主義を回復することとを目的としています。

7566_154937561534190_63700858708076

12347705_154948888199724_8438752367

Shiminrengo3

Sekaihasebe 世界1月号

23121508

2015年12月18日 (金)

12/22 京大賃金訴訟控訴審第2回口頭弁論

※ 第3回口頭弁論は2016年2月15日(月)11:00~大阪高裁202になりました。

 

P74

▲ 第一審判決

12月22日(火)11時から、大阪高等裁判所第202法廷におきまして、京大賃金訴訟控訴審第2回口頭弁論があります。
私が弁論を行います。
 
大阪地裁・高裁
530-8521 大阪市北区西天満2-1-10
(中之島の北側で、淀屋橋駅と北浜駅の間)
どなたでも傍聴にお越しになれますが、事前に京都大学職員組合にご連絡くださいますと、資料をお渡しできます。また、傍聴者が多数になった場合に、優先的にお席を確保させていただきます。
同日11:30より、そばの大阪弁護士会館1003号室において、告集会も実施いたします。
こちらにもぜひご参加ください。

▼よろしければ関連の記事もご覧ください▼
裁判官が法を枉げる罪(2015年10月13日)
虚構判決(福岡地裁・高裁)(2015年12月3日)

  

Middlesmob

MIDDLEs
Why Don't We Do It in the Road?

20121505 どさくさに紛れてテノールに参加(どこにいるかわかりますか?)
があああああああああああんつぇんヴェルト!
Freude!
Alle Menschen werden Brüder, wo Dein sanfter Flügel weilt.
penguin
動画
(9分15秒~10分15秒ソプラノのところにプラカ持っています。その後テノールの場所に戻ってます。)

学者の会ロゴマークのデザイナーさんにもお会いしました!

2012152101バッジ作ってお配りしてます。あと300個ぐらいあるんで見かけたら声かけてください。
廣渡先生に50個あげました。
2012152201 MIDDLEs街宣部長、OLDs発起人の方々、希望のエリアあすかさんらと。
写真はいずれも「いしかわ勝手連選挙対策本部」橘さんのfacebookより

2015年12月10日 (木)

1/11 サルサde婚活!@京都

Rissei02

NPO法人・日本ラテン文化振興協会は、1/11(祝)に京都市助成事業「サルサde婚活!」を開催いたします。

日時 2016年1月11日(月・祝)14:30〜18:00(受付開始14:00)
場所 元立誠小学校・講堂(京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2)
    四条木屋町上る
料金 第1部 初心者ペア・ダンス講習会 / 無料
    第2部 ダンスパーティー / 参加料1,500円

※ 事前申込みが必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。

ダンスがまったく初めての方でも、楽しんで参加していただけると思います。
お友達とお誘い合わせの上、お申し込みくださいnotenotenote

日本ラテン文化振興協会としては、婚活自体にさほど強いご関心がなくても、ダンスを見てみたい、やってみたい、という未経験者の方々においでいただければありがたいと考えております。
参加者は独身の方に限らせていただいていますが、ペアダンス体験のイベントとしての意義がありますので、お気軽にご参加ください。
無料講習会は、京都市助成ならではの貴重な機会です。お見逃しなく!


Mv1

Rissei03

**********

特定遊興飲食店営業について(警察庁)

こちらに該当するともれなく犯罪として扱われます。
社会に対する危険を何ももたらさなくても。
ライブハウスもアウトです。
Freedom of speech, it is not Japanese.
(National Police Agency)

**********

Img_4283 京大法学部生のみなさん、こちらが問題のエトナ山です。
Img_4282

2015年12月 3日 (木)

虚構判決

                          2015年12月2日

福岡教育大学賃金訴訟控訴審不当判決に対する抗議声明

          京都大学賃金訴訟原告団長 高山 佳奈子

 福岡教育大学における教職員に対する一方的賃下げについて、2015年11月30日に福岡高等裁判所が下した判決は、虚構の事実を根拠にしており、断じて許されるものではない。
 同判決は9頁で、「被控訴人が……給与の減額をしないという選択肢を採用すれば」、
(1)「被控訴人の財務内容が悪化する」、
(2)「国や一般国民からの非難を受け」る、
(3)「今後の被控訴人の事業活動に悪影響を及ぼす」、
という、ありもしない「可能性」を根拠としている。
 しかし、賃下げを実施しなかった場合に、
(1)それを理由として国が運営費交付金削減などの制裁を加えることはおよそ法的に不可能である。
(2)国が被控訴人に非難を加えることもおよそ法的に不可能である。一般国民からの被控訴人に対する非難が生じるという推測には事実的根拠が存在しない。仮に非難が起こったとしても、それが事業活動に影響を与えるという推測には事実的根拠が存在しない。
(3)いかなる意味でも、今後の被控訴人の事業活動に悪影響の及ぶことを推測させる事実的根拠は存在しない。
 また、仮にこれらの事実的根拠があったとしても、挙証責任を負う被控訴人はそれを全く立証できていない。
 本判決は実体法的にも訴訟法的にも明らかに違法である。存在しない事実を根拠とする賃下げも、また判決も、法治国における措置ではない。被控訴人はそのことを認め、未払い賃金を即刻教職員に支払うべきである。

以上

20151202.pdfをダウンロード

************

全国大学高専教職員組合を通じて、上の声明を発表いたしました。

東日本大震災復興財源確保を名目に、2012-2013年度に国家公務員の賃金が平均7.8%引き下げられました。実際には、これによって確保された財源は、被災地と関係のないところに使われました。

さらに、政府は、国立大学法人への交付金も同じ名目で削減しました。これによって確保された財源は、被災地と関係のないところに使われました。

さらに、政府は、国立大学法人に対し、この交付金削減分を、節約ではなく教職員の賃下げによって埋めるよう要請しました。

こうして、すでに国家公務員の地位を剥奪され民間労働者となっている国立大学法人教職員が、被災地復興にとって全く意味のない賃下げを受けました。福岡教育大学では、裁判の原告となっている先生方が、ひとり100数十万円にも及ぶ財産を理由なく奪われました。

しかも、賃下げを強行した大学法人側は、賃下げの合理性について挙証責任を負っているにもかかわらず、これを全く立証できていません。
これが通用するなら、「天が落ちてくると思った」という理由で賃下げができることになります。憲法および法律に明らかに違反しています。

前のブログ記事にも書きましたが、このような判決は、外国では裁判官による犯罪として扱われます。
何のために法律家になったのでしょうか。人間として恥ずかしくないのでしょうか。

第一審裁判官
 山口浩司  村木洋三  藤村享司

控訴審裁判官
 金村敏彦  山之内紀行  坂本寛 

判決は多数決ですので、反対した人が1名いた可能性のあることにご留意ください。

************

ちなみに、控訴審判決8頁は、「平成25年4月の私立大学教授の平均支給額は71万7985円である」と認定しています。
私は55万2658円です(税・社会保険料を引く前の額)。振込額は30万円台です。
私は通年週5コマ以上授業をしていますし、有力私大は平均額より高いはずですから、やはり現に生じている私大への人材流出の事実を裏付けるだけの格差があると思います。

ここでさらに交付金を削減し、学生の授業料を年間90万円以上に引き上げるという案は、日本を滅ぼそうとする勢力によるものとしか考えられません。
国際競争力という観念がないのでしょうか。日本を守らなければなりません。

************

061215010112/6 学生・学者・市民の共同行動 三島憲一先生

0612150201   ↑ 間宮陽介先生(マスクの人)   日比谷野外音楽堂

0612150301 右側がSEALDsの車  写真はいずれも「学者の会」提供

2015年12月 2日 (水)

合憲論や改憲論についても聞きたいですよね!

※ 会場の忘れ物をお預かりしています。
・ 赤色ペンケース
・ RIMPA 写真カード数枚
お心当たりの方は、高山までご連絡ください。

12/11晩に京大での「立憲主義を考えるシンポジウム日本国憲法70周年に向けて」を個人で企画いたしました。

このシンポジウムは「学者の会」や「有志の会」の集会ではありません。
現行憲法上、一定の条件を満たせば集団的自衛権の行使が認められるという意見や、改憲論、中国との関係なども紹介・検討していただきます。
また、国会からは、11/14にSEALDs TOKAI名古屋街頭宣伝に参加された志位氏が、今回、京都にも来ることになりました。

多くの方のご来場をお待ちします。
 

***

日時: 2015年12月11日(金) 18:30-20:30(開場18:00)
場所: 京大時計台記念館1F百周年記念ホール
(入場無料、事前申込み不要)

スピーカー
志位 和夫 氏(衆議院議員)
君島 東彦 氏(立命館大学教授)
曽我部 真裕 氏(京都大学教授)
岡野 八代 氏(同志社大学教授)

趣旨
1946 年11 月3 日に日本国憲法が公布されてから70 年目を迎えました。今ほど、この憲法への関心が内外で高まりを見せているときはありません。本シンポジウムでは、平和主義や民主主義について、立場を異にする専門家の方々に各自の視角をお話しいただき、意見を交わしていただきます。日本国憲法のこれまでの歴史を振り返りつつ、これからのあるべき姿を共に考える機会になれば幸いです。

12.11時計台プログラム.pdfをダウンロード

1211kyoto よろしくお願いします。
考えて判断するのはあなたです!

***

※ 12/11のシンポジウムは、大勢の立ち見が出る盛況でした。スピーカーのみなさま、運営を担当してくださったみなさま、来場者のみなさまに心より御礼申し上げます。
報道カメラの後ろは座っても見えないため空席でした。満員ではなかったとのデマを流すのはおやめください。

写真は中井幸一氏facebookより

11121531

11121530

11121525