プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

早大OB相場操縦事件、検察が控訴断念

私が裁判所に出した意見書の主張が一部認められました ○

この事件では量刑が主な争点で、検察は追徴金7億6516万2200円を求刑していたのですが、判決はその約半分の3億9039万5600円を言い渡しました。
被告人らの相場操縦は細かいものだったため、株価暴落や企業の倒産といった大きな混乱が市場にもたらされることはありませんでした。
大野勝則裁判長は最高裁判所調査官であった方で、判決は、証券犯罪の量刑に関する重要な内容を含んでいます。今後、論文などでポイントを紹介・検討していきたいと思います。

私が意見書を提出した他の事件の結果は、

・ NOON風営法裁判第一審 無罪
・ NOON風営法裁判控訴審 無罪
(最高裁に係属中)

で、目下、事実上の3連勝中です。
今後の展開にご注目くださいますと幸いです。

実は、これ以前に「1敗」がありました。ライブドア事件です ●
堀江貴文氏に対する実刑は不当だとする意見書を最高裁に提出しましたが、主張が認められませんでした。

刑事裁判には公平性が不可欠です。
堀江氏が嫌いだという人が社会の中に多数いたとしても、それを理由に刑を重くすることは正義に反します
堀江氏は、不正な手段で私腹を肥やしたわけではありません。

ライブドア事件では、「無罪請負人」弁護士の方々が関与したのがかなり遅くなってからでした。最初期から支援していれば、もしかしたら裁判の展開が違っていたかもしれません。
私の意見書は主に、他の事件との間の量刑の不平等についてのものでしたが、裁判資料を拝見する限り、無罪を主張できる論点もいくつもあったのではないかと感じました。
公判前整理手続に関与しておりませんので、勝手な憶測にすぎませんが。

研究の一環ないし研究成果の応用として、立法提案と並んで裁判の意見書の作成もしていることを、少し紹介させていただきました。

1214hasebe

1206ginza_3

SEALDs design01_151206_nowar.pdfをダウンロード

Overseasparis パリのサイレントデモ(OVERSEAs facebookより)

Rt イギリスのデモ(RT TV-Novosti)

2015年11月24日 (火)

司法試験委員会からの依頼

司法試験委員による問題漏洩事件を受けて、来年の司法試験出題委員から法科大学院教員が全員外される見込みとなっています。

ところが、11/2に司法試験委員会は、各法科大学院に対して、定期試験の問題や採点方針、論評などの情報を提供するよう、要請してきました。

法務省が人選を行った委員のうちの1人が守秘義務違反を犯したことによって、なぜ、委員であったわが同僚たちが全員事実上クビになり、わが法人で開発・蓄積している知的財産をタダで提供しなければならないのでしょうか。

依頼文は次のようになっています。

 「今般、各法科大学院における教育内容等を適切に把握した上で司法試験を実施する必要性を踏まえ、司法試験法第12条第3項に基づき、下記資料の情報提供をお願いさせていただくことになりました。
 つきましては、ご多忙のところ、短期間のお願いで誠に恐縮ですが、下記の資料につき、本月24日(火)までに御送付いただきますようお願い申し上げます。
                         敬白
           記
 平成26年度及び平成27年度に貴法科大学院で実施された司法試験科目・分野(※)に対応する科目の定期試験の問題

 (※) 憲法に関する分野、行政法に関する分野、民法に関する分野、商法に関する分野、民事訴訟法に関する分野、刑法に関する分野、刑事訴訟法に関する分野、倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法(公法系)、国際関係法(私法系)

 なお、御送付いただく定期試験の問題のほかに、これに関連する既存の資料(出題の趣旨等を記載した資料、採点の方針や基準に関する資料、平均点や得点分布、出題者による論評など試験結果に関する分析資料等)がございましたら、差し支えない範囲で併せて御送付していただければ、大変に参考となりますので、宜しくお願い申し上げます。」

なお、12条3項とは「委員会は、その所掌事務を行うため必要があると認めるときは、関係行政機関又は関係のある公私の団体に対し、必要な資料の提供その他の協力を求めることができる。」という文言です。

このような要請は、過去には一度も行われていません。過去には不要だったということです。

20151102

2015年11月22日 (日)

12/6 学者の会@銀座

12_2 12.6 Flyer.pdfをダウンロード

安保関連法の廃止を求める学生・学者・市民の共同行動 1206

OPEN 12:30
集会 13:00-14:30@日比谷野音
DEMO START 14:30

【主催】
SEALDs
安全保障関連法に反対する学者の会
【共催】
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
【協力】
安保関連法に反対するママの会
T-ns SOWL
「憲法9条にノーベル賞を」実行委員会
立憲デモクラシーの会

 
**********

「自由と平和のための京大有志の会」発起人
・京大職組中央執行委員の駒込先生が登場!

戦後70年安倍談話を考える 駒込武教授

日時: 12月3日(木)18:15~20:00
場所: 京大文学部第1講義室
講師: 駒込武(教育学研究科教授)
題目: 「戦後70年安倍談話」のなにが問題なのか?
 ―東アジア近現代史から考える―
主催: 京大職員9条の会
共催: 自由と平和のための京大有志の会

ウェブサイト

2015年11月19日 (木)

投票しなかったことの責任をとれますか?

Tohyo

投票に行くけど、うそつき党には投票しない

2015年11月12日 (木)

11/21山室信一先生@憲法会議

11月21日(土)14時から、山室信一教授講演リレートークのイベントが「こどもみらい館」で開催されます。
部分参加ですが私も来場します。どうぞよろしくお願いします

http://www.kyoto-kenpokaigi.com/TsudoiChirashi_pdf/151121_yamamuro.pdf

憲法記念秋のつどい 2015

○ 日時: 2015年11月21日(土) 14:00~
  (13:30 開場、16:30 閉会予定)
 
○ 内容:
「歴史の転換点としての2015年――新たな民主主義のはじまり――」
  講師:山室 信一 さん
(京都大学人文科学研究所教授、 法政思想連鎖史)

リレート-ク: 憲法を生かすそれぞれの取組み

○ 会場: こどもみらい館 
(京都市中京区間之町竹屋町下ル)
地下鉄「丸太町駅」5番出口徒歩3分
  市バス「烏丸丸太町」下車徒歩3分
  075-254-5001

○ 参加費: 500円(学生300円)
○ 共催: 京都憲法会議、自由法曹団京都支部、憲法を守る婦人の会
○ お問い合わせ: 京都第一法律事務所内
  075-211-4411 (憲法会議担当)

2015年11月 8日 (日)

ろくでなし子さん裁判に参加しています

同僚の曽我部真裕教授(憲法)と一緒に、ろくでなし子事件の裁判に参加しています。
NOON風営法裁判のときと同様に、刑事法の専門家としての意見書を作成しました。

最近の公判の展開はこのような感じです↓ 「弁護士ドットコム」さんの記事です。

11/2 ろくでなし子「ガッカリ」、裁判官が「デコまん」27作品の証拠請求却下

10/15 <ろくでなし子裁判>「オナホールやバイブと違って、性欲を刺激しない」と無罪主張

私の意見書の内容は18禁ですので、ここでは公開できません。
上の10/15の記事で山口弁護士が解説してくださっている内容とだいたい同じです。

表現の自由の観点からももちろん規制は問題なのですが、私は刑事政策的な主張も書きました。

だって、ろくでなし子さんの作品がダメなら、オナホールは全部ダメですよ。
もしそんなことになったら、性犯罪が増加する危険があります。

児童ポルノ規制についても繰り返し述べさせていただいていますが、現実に子どもを守ることをもっと真剣に科学的に考えるべきです。

逆効果となる規制を平気で主張している人の気が知れません。
一体、何がしたいのでしょうか。

 

<こちらにもよろしくご注目ください!>

・ 数十年前の写真集をモデルに描かれたCG画集は児童ポルノなのか(弁護士ドットコム)

・ 風営法「遊興」処罰を提案した風俗行政研究会報告書(警察庁)

2015年11月 4日 (水)

11/16毛利透教授「安保関連法案に関する憲法問題」

京都大学職員組合は、法学研究科教授の毛利透先生をお招きして、昼休みミニ講義を実施します。

日時: 11月16日(月) 12:10~12:55頃
講師: 毛利 透 氏 京都大学法学研究科教授
会場: 会場聴講は京都大学職員組合員に限定
     昼食をご用意しますので、お申し込みください。

Live配信:
http://www.ustream.tv/channel/union30course
上記URLにてUSTREAMによる講義映像をLive配信いたします。

テーマ: 「安保関連法案に関する憲法問題」

概要: 昨年の集団的自衛権を一部認める閣議決定から今年9月に一連の安保関連法が成立するまで、多くの憲法論議がなされてきた。このミニ講義では、憲法9条をめぐる従来の政府見解と新しい見解の関係をめぐる問題などにつき、考えてみたい。

◆講師プロフィール: 毛利 透(もうり・とおる)
 1967年京都府生まれ。 東京大学法学部卒。
 筑波大学助教授などを経て、現在京都大学大学院法学研究科教授。
 主な著書として、『民主政の規範理論』、『表現の自由』、『統治構造の憲法論』など。

 *******************

京都大学吉田事業場2016年度
過半数代表者選挙のお知らせ

日時: 2015年11月11日(水)11:00~14:00
場所: 各部局の投票所

不在者投票: 11月9日(月)まで

今回の選挙は、候補者が1名のため、信任投票になります。
職員組合の西牟田祐二副委員長・前委員長が立候補なさっています!

おひとりでも多くの方の清き一票をお願いします。
非常勤教職員・学生アルバイトの方々にも投票権があります。

TohyoPhoto

11/12 投票結果が公表されました。候補者の西牟田先生が、過去最高の1080票の信任票を獲得されました。
みなさまの清き1票に感謝いたします!