プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 2014年2月 | メイン | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月25日 (火)

日本報道検証機構が読売・朝日の誤報に注意喚起

一般社団法人報道検証機構

は25日、先週の虚偽報道に関し、
-----------------------------------
京都大学が次の総長を国内外から公募することを決めたかのように読売新聞と朝日新聞が報道。しかし、京大関係者はまだ検討中で、決めた事実はないと指摘。

同大の広報担当者は「選考方法は現在も検討中で、報道されたように方針を決めた事実はない」と話している。…… 次回の会議も未定で、朝日が「今月中に最終決定する」とした点も否定的な見方を示した。
-----------------------------------

とする警告をウェブサイトにおいて発表しました。

続きを読む »

2014年3月23日 (日)

京大総長選考会議議長は虚偽報道の原因を明らかにせよ

1. 読売新聞の誤報から1週間がたったのに、総長選考会議はこれに対して何の措置もとっていません。

2. 虚偽報道の原因が新聞側にあるのであれば、新聞に対して、記事の訂正と釈明を求める必要があります。

3. そうでないならば、自ら事実関係を釈明する必要があります。

4. どちらもできなければ、議長はこの状態を意図的に放置した懈怠の責任をとって辞任すべきです。

続きを読む »

2014年3月18日 (火)

読売の記事は誤報

3/16に読売新聞で、「京都大学の総長(学長)選考会議は、次期学長について、国内だけでなく世界から公募する方針を決めた。」とする記事があり、その後、朝日新聞や産経新聞でも同様の報道がありましたが、

総長選考会議ではそのような決定はなされていないとのことです。

また、内容も、「学部など部局のしがらみから離れた強いリーダーシップを発揮できる人材が必要」という意見の実体は、

「学部など部局が行おうとしている優れた教育・研究を阻止し、自己の利益のために大学を私物化する人材に権力を持たせる」

「しがらみ」=現場のニーズ

「リーダーシップ」=私物化または政府の言いなりになること

です。
現場の支持を全く受けられない人間に大学を代表する資格はありません。

続きを読む »