プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月23日 (木)

京大総長選考会議、秘匿措置解除へ

本日の法学研究科教授会での研究科長のアナウンスによりますと、
1/17に総長選考会議が開催され、総長選考方法に関する議論は今後オープンに行われることになった
そうです。

京大職組では、現在事実を確認中ですが、もし本当なら、署名にご協力くださったみなさまや、現場の教員である部局長・評議員の方々の尽力が実ったといえると思います。

本当にありがとうございました (^ ^ )

ただ、総長選考会議による強行採決が可能な状況はまだ変わっていません。
12/25の議事録もまだ非公開のままです。
京大職組は、民主的な総長選挙の存続が確保されるまで、運動を続けます!

(続)民主的な総長選挙の存続を求める緊急アピール
京都大学職員組合
  Twitter

↓↓↓ネット署名 期間を延長してまだ続けます。↓↓↓
学外者も歓迎、昨年末に署名された方にももう一度お願いします!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/6eb563e8281879
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bec9dbef281834

(どちらのページも同じ内容です。)

京大職組は、1/21に、第2次集計署名705筆を、法人の担当部署に提出しました。(1次署名にもご協力くださった方の分を含みます。)
ご協力ありがとうございました。
組合は提出時の写真撮影を希望しましたが、法人側の応諾を得られなかったので、提出場面の

 

を組合ウェブサイトに掲載したいと思います。 ました(facebookとTwitterに大きめの版あり)

※ 1/24 追記 非公開措置の解除について
職員組合が総長選考会議学内委員の先生から得た情報によりますと、1/17の総長選考会議において、今後は、学内委員がその選出母体である教育研究評議会で議事について報告し、意見を求めることができると決まったそうです。評議会は部局長その他の教授がメンバーになっているので、そこから各教授会でも報告や意見聴取ができることになりました。

※ 1/28 追記  12/25の議事録が公開されました。

続きを読む »

2014年1月22日 (水)

京大、総長選考会議学内委員を事情聴取

昨年12/25の総長選考会議に関し学内委員による職員組合への情報漏洩が疑われていた件につき、職員組合はこれまで法人側に事情聴取の有無について質問しておりましたが、回答を拒否されていました。

ところが、法人総務は1/16に態度を一変させ、学内委員に対する事情聴取が行われたことを認めるとともに、情報漏洩はなかったと通告してきました。

しかし、
・ 1月以降の総長選考会議がどうなっているのか
・ 学内委員の守秘義務違反に関し法務担当副学長に寄せられた質問の処理がどうなったのか
・ 12/25の議事録
などの重要な点を、依然として職員組合は全く把握できていません

予断を許さない状況は変わっていません。
▼いつまで間に合うかも不明ですが、おひとりでも多くの方のご協力を求めます▼

(続)民主的な総長選挙の存続を求める緊急アピール
京都大学職員組合
  Twitter

↓↓↓ネット署名 期間を延長しました。↓↓↓
学外者も歓迎、昨年末に署名された方にももう一度お願いします!

https://ssl.form-mailer.jp/fms/6eb563e8281879
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bec9dbef281834

(どちらのページも同じ内容です。)


1/22追記

本記事について1/21に法人人事課職員から職員組合に、「回答は拒否していない」旨の苦情が寄せられました。日本語理解の齟齬のためであると判断しましたので、事実的経過を書きます。

1/9 法学研究科教授会で、学内委員の守秘義務違反について法務担当副学長に対し質問の寄せられていることが紹介された。
 同日、本ブログに「京大、総長選考会議学内委員を組合への情報漏えいで懲戒処分へ」と掲載。

1/11 本ブログに「会議の学内委員は総長選挙廃止等に反対しているそうです。しかし、学内委員の守秘義務違反について法務担当副学長に対し質問が寄せられており、法人総務部長による取調べが行われるそうです。」と掲載。

1/14 法人人事課職員(上記の方)から職員組合事務所に上記1/9記事が事実と異なるとの通告。

1/15 法人人事課職員(上記の方)から職員組合に対し、情報漏洩はなかったとの通告。
 同日、職員組合から法人人事課職員(上記の方)に対し、情報漏洩がなかったことをどのように確認したのかを質問、知らないとの回答を得る。さらに、事情聴取が行われているのかとの組合の質問に対し、知らないとの回答。
 同日、法人人事課職員(上記の方)から職員組合事務所に上記1/9記事を訂正するかとの質問。

1/16 職員組合から法人人事課(上記の方のアドレス)宛てに、上記の知らないとの回答に関し事実を明らかにするよう求める電子メールを送付。
 同日、法人人事課職員(上記の方)から職員組合に対し電話で、事情聴取が行われた旨を回答。誰が事情聴取を行ったのかとの組合の質問に対し、知らないとの回答

なお、職員組合は法人に連絡をとる場合に人事課を通すことになっています。 上記法人人事課職員の方は総長選考会議の開催日程についても知らないと回答しています。

上の記事の「総務課」は「人事課」の誤りですので、この点はお詫びして訂正いたします。

1/22 再追記

法人人事課職員(上記の方)から、1/16に関する「知らないとの回答」を次のように訂正する要請がありました。

<訂正前>       <訂正後>
「知らないとの回答」→「会議担当者から行われたこと以外知らないとの回答」

続きを読む »

2014年1月11日 (土)

京大総長選考会議安西議長(中教審大学分科会長)、学長リーダーシップを推進中

京都大学総長選考会議

議長は日本学術振興会理事長の 安西祐一郎氏 です。

 会議の学内委員は総長選挙廃止等に反対しているそうです。しかし、学内委員の守秘義務違反について法務担当副学長に対し質問が寄せられており、法人総務部長による取調べが行われるそうです。

安西氏は政府の中央教育審議会大学分科会長です。
中央教育審議会大学分科会名簿

中央教育審議会大学分科会の主張です↓
2013年12月24日「大学のガバナンス改革の推進について(概要)(案)」

学長のビジョンを共有できる学部長等の任命
学長による学部長等の評価
学長裁量経費の確保
などが内容になっています。

なお、京大の総長裁量経費は年4億円です。

リーダーシップといえば、
総統、総書記、総長

19234274 早口言葉Tシャツ

続きを読む »

2014年1月 9日 (木)

京大、総長選考会議学内委員を組合への情報漏えいで懲戒処分へ

★ もし懲戒が行われれば、直ちに訴訟提起支援を行います!

★ 関係者に対し強要罪による刑事告発を準備します!

Hyoushi2
日日是決戦! 
(スタジオジブリ)     生㌔

続きを読む »