プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« ボストンまとめ | メイン | 国際刑法会議の準備 »

2013年6月 9日 (日)

日本の文献も読まれている

6日にハーバード大のセッションに午後まで出て、夜の便でヒースローを経由してパリに着き、7日午後から国際刑法学会の理事会に出席しました。
機内泊が多いです。

3つの原稿の締切を延ばしてもらいました。
1つの新しい原稿を引き受けました。

廬建平教授趙炳宣教授に会いましたところ、中国や韓国でも最近、私の論文を紹介してくださっている記事があるそうです。廬教授はドイツ法関係の研究者ではありませんから、共通の知人から紹介を受けたというわけでもなさそうです。
教科書も書いていないのに、山口教授の弟子だというだけで注目されるのはおこがましいですが、もし読んでくださっている外国人研究者の方があるのであれば、論文はわかりやすく書かないといけないなぁと思いました。

理事会にも同世代以下の出席者が増えてきました。
私が役員になったのは2004年ですから、その頃に比べるとだいぶ世代交代が進んだ感じがします。
デ・ラ・クエスタ会長は2期10年を務められ、次回選挙には立候補しない意向を示されました。来年からは新しい会長のもとでの体制になります。

0806130201
はきいん@して