プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

ドイツ法フォーラム関係出版

3/29に、若手を中心とするドイツ法の勉強会「ドイツ法フォーラム」の記事を書きましたが、3/24の記事に書いた本に引き続きまして、
3/30に、フォーラム参加者の恒木健太郎さん

『「思想」としての大塚史学――戦後啓蒙と日本現代史』

Tsuneki が出版されましたsign01

著者は現在、日独法学会理事長の小川浩三先生のもとで学振特別研究員ですが、京大法学研究科研究員の経歴もあります。

謝辞に挙げられた先生方の専門分野は、
法学、政治学、経済学、歴史学、社会学、文学、哲学、etc. で

無国籍料理 みたいな本

に見えますが、おいしければよいというものではなく。
実は、本書の陰の主人公

M a x   W e b e r

だったりするので、むしろこのほうが正攻法なのではないかともいえます。
と、日記には書いておこう pencil


* * * * * * *

合わせて、これまでのフォーラム関連本も宣伝させていただきます。
リーゼンフーバー/高山/ベルツ編 『契約の諸機能』(2013)

2903130201 無事拝受しやした~

* * * * * * * 
そして元祖フォーラム本
リーゼンフーバー/高山編 『法の同化』(2006)

Rechtsangleichung_2  前はこの表紙だった→Rechtsangleichung_3

2013年3月30日 (土)

第1回訴訟学習会を開催

29日昼休みに、京大職組事務所におきまして、
京都第一法律事務所の先生方をお招きし、
賃金減額訴訟に関する第1回の学習会を開催しましたsign01

2903130101_2 

お知らせが直前になってしまったにもかかわらず、お集まりくださいましたみなさん、ありがとうございました。

今回の学習会では、初めに、労働法の基本的な内容、次いで、今般の賃金訴訟の意義について、わかりやすくご説明いただきました。

京大出身の弁護士さん達カコイイ good

そういえば、すでに始まっている他組合の訴訟では、被告側の弁護士のおひとりが私の高校の同期生です。

私も1989年頃に労働法を習っていたのですが、忘却の彼方でありました。
学習会で少しは知識をブラッシュアップできたかも sign02

今回おいでになれなかった方々のために、第2回は夕刻に開催する予定です。
ぜひふるってご参加ください。

それから、訴訟原告団に入ってもよいという方の登録の受付を始めました。
(まだ弁護士への正式の委任ではありません。)
詳細は京都大学職員組合までお尋ねくださいますと幸いです。

4月1日からは私は吉田事業所の過半数代表にもなります。
引き続きよろしくお願いいたします。

25031304
25日のロースクール修了懇親会 服部高宏先生写す
いつもありがとうございます!

25031305_2
去年は途中退出で写真が1枚もなかったから
今年はよかったです…
いつも両手にグラス!

2013年3月29日 (金)

ドイツ法フォーラム

27日の賃金減額訴訟記者会見の動画
がアップロードされました。
全大教ウェブサイトからご覧になってください。

2013327

* * ♪ * ♪ * ♪ * ♪ * ♪ * ♪ * ♪ * *

28日に京都大学で、若手を中心とするドイツ法の勉強会

ドイツフォー法ラム

じゃなかった

ドイツ法フォーラム

を開催しました sign03

Pho
だから違うって!

もとい。
今回は、「翻訳の諸問題」を全体テーマに、
前半は、行政法・憲法を専攻する若手研究者の博士論文研究報告。
後半は、翻訳にまつわる中堅世代からの話題提供。
それぞれについての質疑応答を行いました。

活発なご議論ありがとうございました happy01
私は、同一時間帯に、京都府の審議会と、京大の刑法の研究会とが重なったため、
一部にしか参加できませんでしたが……

東大からも助教・研究員・院生の方々がグループで来てくださり、
これほど大勢一度に参加してもらったのは初めてではないかと思います。
珍しく、京大関係者も多分野から多人数が集まりました。

終了後、百万遍にて懇親会も開催しました。

フォーラムはもともと、ドイツ学術交流会からの派遣講師を囲んで関西の研究者が開いていた勉強会でしたが、私が留学から帰った頃から、よりオープンな研究会として、日本全国から参加者にお集まりいただいて、老若男女楽しくやっております。
現在でもドイツ学術交流会の援助をいただいています。

院生レベルで、大学や地方、専門科目の隔てなく法学研究者が交流している会は珍しいと思いますsign01

以前の高田篤教授ジーボルト賞受賞の記事もぜひご覧ください。
本ブログ7/2411/19です。

2803130101 写真がこれしかないや

2013年3月28日 (木)

賃金減額訴訟記者会見

21日から1週間毎日新幹線に乗っておりました bullettrain

が、自分の地元でも
2703130201
またわけのわからない場所に来てしまった…
ごごばどご (?.?)

27日11時から、厚生労働記者クラブにて、全大教の企画する、給与減額訴訟第2弾の記者会見に参加させていただきました。

詳しいことはまた追ってご報告させていただきたく存じます。
たくさんの方々のアクセス、ありがとうございました m(_ _)m

2703130101
腕章です happy02

何かね。
最後のほうはデータを忘れてしまって、しどろもどろ。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ありませんでした。

実はその後、どうにも体調がすぐれず、遂に

2703130401

斃死した家畜 のような状態に。
助けていただき、感謝にたえません。
直接の原因は低気圧です rain

頭と顔には自信がないが、体にだけは自信のある

はずの私としたことが。

気を取り直してまたがんばります upwardright upwardright upwardright

2013年3月27日 (水)

3/29昼休み!訴訟学習会

京都大学職員組合より、緊急のお知らせです。

賃金訴訟に関し、京都第一法律事務所の弁護士の先生をお招きして、学習会を開催します。
私も出席いたします。
ふるってご参加ください happy02

日時: 2013年3月29日(金)昼休み

場所: 職員組合事務所

よろしくお願いいたします sign03sign03sign03

3/27 11時 記者会見動画配信

全大教総務部から、賃金訴訟に関する第2弾の記者会見のお知らせです。
引用させていただきます。
私も出ますmovie

soon soon soon soon soon soon soon soon

臨時給与減額訴訟
第2次提訴の共同記者会見(3月27日)を
Live放映します

3月27日午前11時から、厚生労働記者会において、山形大学職員組合、富山大学教職員組合、京都大学職員組合の共同記者会見を行います。

その動画を、ストリーミングで配信します。 
http://www.ustream.tv/channel/zendaikyo

また、全大教ホームページのトップページ「全大教からのお知らせ」からも、クリックしていただくことで視聴いただけます。このことを、広く組合員等に宣伝し、多くの方が視聴いただくようおねがいします。 

全国大学高専教職員組合 
http://www.zendaikyo.or.jp

end end end end end end end 

てことでsign01
よろしくお願いします m(_ _)m

Gachapin Mukku
いもむしみのむし
と思っておりましたが、
実は恐竜雪男だそうです。
ポールジョンとする説もあった。

2013年3月26日 (火)

法科大学院修了式

25日は京大大学院の学位授与式でした。
法科大学院の修了式も行われました。

実は今回の修了生(既修)は、入学試験の倍率が下がったときに入学した人たちです。
学力の低下が心配されている学年ではあります。

しかし、他大学で全く同じ状況が生じているとした場合には、
司法試験受験生のレベルも全体として下がっている可能性があります。
全国的な情勢が懸念されます。

しかも、京大ローとしては、
昨年司法試験を受験した修了生が好成績を残したため、
運悪く不合格となって再挑戦という予定の人が少なめです。

う~む
今年の司法試験はどうなるか……
今からのラストスパートに期待です。

また、今年の試験には、
予備試験合格後のロー在学組も臨む予定です。

最終合格しても、J.D.(法務博士号)を取得し、さらに短期でのPh.D.を狙うのは、
なかなか大変なことではありますが、
チャレンジ中の学生さん達には、ぜひがんばって京大の存在感を見せつけてほしいですsign01
ブッちぎりどすsign03

  と、
いうわけ
  で。

修了生・在学生とも

おきばりやす toilet

2503130201
参加者数がこれほど多かったのは数年ぶり!?
修了後も、友達同士の連絡を密にとって勉強してほしいです♪

そういえば、
和服を着て飛行機に乗るには保安検査をどのように受ければよいのだろうか airplane

やってみよう。

かと思いましたが、目的地に到達しなかったらいやなのでやめます paper

2013年3月25日 (月)

賃金訴訟弁護団会議

24日に、旬報法律事務所にて開催された、
給与臨時減額訴訟弁護団交流会議にオブザーバー出席させていただきましたsign01

今回、京都大学職員組合の顧問をお願いしている京都第一法律事務所の先生方と私は、初めての参加でしたが、すでに昨年11月に3つの組合が訴訟を提起しており、弁護団交流会議としては第3回となっています。

会合の前半では、この3組合のほか、さらに提訴を検討している各大学の状況が報告され、
後半では、3件の訴訟で被告側から提出された準備書面の検討が行われました。

全国から、労働法の弁護士さん達が10数名集まって知恵を出し合っており、
かなり頼もしいですsign03

いくつかの大学の組合からも、私を含めた参加者がありました。

新潟大では、財務に関する資料を組合が法人に提示させ、経営に問題のある点を洗い出すことに成功しているようです。
これらの点を正せば、給与削減は回避できると。
行政訴訟まで視野に入れているとのことで、スゴイgood

新潟大はまだ参加しないのですが、27日11時から、全大教は、
26日に提訴する山形大と、提訴を予定している富山大、京大と共に、
合同の記者会見を開く予定です。

私も全大教中央執行委員を兼ねる書記次長と一緒に参加いたしやす。
腕章を準備しました~rock

これらの活動に先がけ、京大職組では、各組合員の方々に、原告団メンバーに加わっていただくよう、呼びかけを開始しました。
富山大は50人くらい集まっているそうですから、組合員数の多い京大ではもっと集めたいところですaries



0000281cht 

サファイア

2013年3月24日 (日)

若手フォーラム成果を刊行

23日は京都大学で開催された研究会に参加しました。
ご出席くださった実務家の方々、他大学教員の方々、ありがとうございました。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

さて、22日に出版社NOMOSから、私を編者のひとりとする論文集

『契約の諸機能』 Funktionen des Vertrages

が刊行されましたsign03

Funktionen_2
出版社のサイトはこちらです。
どうぞよろしくお願いします。

この論文集は、2011年秋に、日独交流150年を記念して慶應大で開かれた法学シンポジウムの一環として行った、若手研究者フォーラムの成果です。

日本から寄稿してくださった若手研究者の方々は、

福島涼史・高田倫子(国際法/憲法)
栗田昌裕(民法)
牧真理子(商法)
田中優輝(刑法)
大西楠(ドイツ法)

です(順不同、敬称略)happy01
どうもありがとうございましたsign01

そして、編者にはなっていませんが、シンポジウムの実施に多大なるご尽力を賜りました、井田良先生にも厚く御礼申し上げます。
東日本大震災のため、もともと春に予定されていた開催がいったん中止。
それでも根性?で秋に開催できました。
被災者の牧さん(当時東北大)にもご発表をいただけましたことは感動的でした。
またフォーラム当日に全国津々浦々から来てくださった若手のみなさん、
ドイツ側若手参加者のみなさんにもお礼申し上げます。

ドイツの編者のおふたりにも感謝いたします。
私はあまり貢献していませんので……

2013年3月23日 (土)

京大女性教員懇話会総会

22日に、京都大学女性教員懇話会の今年度総会に参加しました。
今回は、設立メンバーのOGの先生もご出席くださいました。
この団体には40年ほどの歴史があるそうです。
まだ女性教員がほとんどいなかった頃に、集まって意見や情報を交換する場として設けられたようです。
私は2011年度の代表を務めさせていただきました。
組合とは異なり、加入申込みによってメンバーとなるものではなく、京大に在籍する教員研究者の女性に広くご参加いただいています。

総会は、京都大学女性研究者支援センターで開かれたのですが、
このセンター、2006年にできたばかりです new

Center
センターウェブサイトの写真

それなのに、取り壊されるそうです。

後には、思修館(総合生存学館)の建物が建つのだそうです。
思修館とは、5年制の新しい大学院ですが、
昨年9月の最初の募集では合格者が1名しかいなかったそうです。
その後2度の学生募集が行われているようです。

大学の予算はどうも、

工 事

にかなり多く使われているほか、

工 事 資 金

としてもかなり多く蓄えられているようです。
実態が明らかでなく、
京都大学職員組合はある程度この点についても賃金訴訟の中で追及していく可能性があります。

22日午後は東京に出張いたしました bullettrain
インターネット接続ができておらず、メール返信等が滞っておりますことをお詫びします。