プロフィール

フォトアルバム

Kanako Takayama

詳しいプロフィールはウェブサイトにあります。 1996年から2000年まで、GANZ PRIVAT という日記をつけていましたが、トラブル発生により停止。 この度、職員組合の委員になったので、組合の活動と共に、研究者・教員としての活動も期間限定でお知らせすることにしました。 ブログ初心者です! 本ブログは、京都大学職員組合のウェブサイトとは関係なく、委員長が個人で開設しているものです。 公式サイトはこちらです。 ※ 2013年7月からは「副」委員長になりました。

訪問者
アクセスカウンター

« 中執四役会合を行いました | メイン | 追加! 7/24 昼休み集会のお知らせ »

2012年7月18日 (水)

京大職組委員長あいさつ

※ 京大職組オフィシャルウェブサイトの記事はこちらです。

Takayama0312_3 悔いのないように行動しましょう

           京都大学職員組合 中央執行委員長(2012年度) 高山佳奈子 

 現在、多くの国立大学において給与引下げが実施されてきています。京都大学でも、具体的な賃下げ案の中枢関による了承が進められています。しかし、そもそもこうした措置は、合理的な根拠を有するのかが疑問であるのみならず、たとえ根拠があったとしても、教職員の生活をおびやかすものです。職員組合は、不当な措置に断固として反対し、働く人々を守るためにできる限り闘って参ります。

 労働者が団結し、経営者と交渉する権利は、日本国憲法や法律、また、国際法によっても保障された普遍的な権利です。たとえば、大学が有期雇用について5年間を超える雇用を廃止し「雇い止め」を行おうとした際には、組合の取組みによって、不十分ではありますが、一部、雇用の延長を実現することができました。

 ちょうど今、社会のニュースとして、学校におけるいじめの問題が取り上げられています。子どもの立場でも大人の立場でも、いじめを発見したのに見て見ぬふりをし、良心の呵責を感じたことのある人はいないでしょうか。正しいことをするには勇気がいるかもしれませんが、勇気を出して行動するのと、正しいと思ったことをせずに後々まで悔いを残すのとでは、どちらが良いでしょうか。職員組合の活動にも、同じ面があると思います。正しいことをする人が誰もいなければ、学校ではいじめが放置され、国は全体主義に進んでしまうでしょう。

 もはや、手をこまねいてばかりはいられません。教職員の勤務条件が危機にさらされている今こそ、まさに、組合の存在意義が最も際立つときだと思います。この機会に組合拡大の気運を高めていきましょう。京大職組は、国立大学法人化の前年には、大規模な組合員拡大キャンペーンを実施し、270名以上の新規組合員の加入を得たこともあります。今般もそのような成果を上げられるよう工夫して参ります。

 委員長ひとりの力はとても小さく限られています。ぜひ、みなさんの積極的なご支持とご助力をよろしくお願いいたします。

2012年7月