2016年12月25日 (日)

スポーツでも芸術でも勉強でも

年末の所感

 

スポーツでも芸術でも勉強でも傑出できなかった人たちが
劣等感をおし隠すために
お金で力を誇示しようとする

あなた方の魂の価値は
お金で買える程度のものですか?

良心的な人びとを奴隷化して得られる優越感は
自尊心ではなく
自らのさげすみ

アスリート、アーティスト、アカデミック
すべてのプロフェッショナルよ
真実を語るのは私たち
手をつないで新しい年を進みましょう

国と人類を守るために力を尽くす人を支持します

1909160701

2016年12月22日 (木)

「トークセッション」形式への期待

12月17日に、日本スポーツ法学会大会におきまして、シンポジウム「アンチ・ドーピング体制の整備に関する法的課題」に参加いたしました。

スピーカーが前に並んで討論する形式を、法学界ではパネルディスカッションと呼んでおります。

Tackerine1

ポーランド

P1000262ドイツ

2002160701

カンボジア

12月18日には、SAVE TATTOOING IN JAPAN のイベントで、ほぼ同様の形態のトークセッションに参加しました。

1812162001

18121625

同一時間帯に、メインホールではライブ演奏やダンスパフォーマンスなどの魅力的なステージが続いていたのですが、サブホールでも何とセッション1から3まで立ち見の大盛況。
医師法によるTATTOO摘発の問題への社会的関心の高まりに手応えを感じました。

このトークセッション(パネルディスカッション)という形式、学界以外ではここ数年で広まってきたスタイルのようです。

NOON裁判が最高裁で無罪となる過程で、ダンス営業・遊興処罰の問題を広く知っていただくために、いくつもこのような催しを開催してきました。

0402150301

22051507

04041406

0807140301

11021601

27041401

最近では、平和や民主主義を考えるイベントでも、トークセッションが頻繁に開催されるようになりました。

27091500

伏見・戦争展

2904161301

京都府共産党

19031635

ママの会・市民連合@京都

Redemos

リデモス

他人が話すのを座って聞いているのはなかなか大変だと思うのですが、問題関心がそれを上回りますと、多くの方々が集まってくださいます。
ありがたいことです。

18日のイベントでは、TATTOO愛好者の方々や彫り師さん達にいろいろな質問をぶつけ、たくさんの情報をご提供いただきました。
特に印象に残った3つのことがあります。

1つには、入れ墨処罰の問題を、表現の自由・営業の自由の観点よりもむしろ思想信条の自由・幸福追求権の観点で捉えている愛好者が相当数おられることがあります。
合わせた両手の図柄を20年前に入れたという40代の男性は、自分は特定宗教の信者にはなっていないけれどもこの絵が好きで、人に見せるためでなく自分自身のために入れた、とのことでした。
もちろん、宗教的シンボルを入れている人も多数います。

もう1つは、彫り師さん達の衛生技術の高さです。
今回のタトゥーコンテストには、「昨日入れた」「一昨日入れた」という出場者がおられましたが、極めて美しい皮膚の状態です。
このような高い技術の普及・推進のため、現在、NPO法人日本刺青衛生協会などの組織が、民間レベルでの取組みを進めています。

そして3番目はもちろん、芸術性です。

1812160803こちらは信州まなぶさんの作品「地獄太夫」です。
いたく気に入りました。
地獄太夫は一休さんのガールフレンドだった方。どくろは一休さんのシンボルでもあります。「表現の自由」グループのみなさん、いかがでしょうか? ファンタジーがかき立てられます。
着物部分は未完成ですので、これからの進捗に期待したいと思います。

彫り師さん達は日本史や中国の故事、宗教などを日々研究しており、着物の柄の時代による変遷も調べているそうです。まさに実践する文化史家たる伝統技能の職人といえます。

日本の入れ墨は間違いなく、世界でも稀な進化を遂げた、文化財として保護すべきレベルです。

それを根絶しようとしている警察は、日本の文化や産業を衰退させる方向に進んでいます。
経済効果を考える必要があります。 

日本の警察の異常な行動に、海外メディアの注目も集まりつつあります。
英国ファインシャル・タイムズはTATTOO裁判を、歴史に残る憲法訴訟として位置づけています。

20161220_220445

20161220_220551

20161220_22020420161220_220712

英語記事の紹介がこちらにあります。
コメントを寄せる読者の方々の関心も、表現の自由・営業の自由に集まっています。

18121628

美貌では本物の太夫に及びませんが、トンチでがんばりたい吉田の太夫!?です
18日のイベントでの、洋一丸さんの作品

 1812160900_2

2016年12月21日 (水)

「いいね!」件数の不表示につきまして

当ブログでは以前、記事下の「いいね!」が少なくとも4桁までは表示されていたように記憶しているのですが、現在、冒頭の1桁しか表示がありません。
eoblogに問い合わせたところ、次の回答がありましたので、お知らせします。

> 原因といたしましては、「いいね」の表示の横幅が見切れていることによるものでございましたので、
> いいね数は継続して集計が行われております。
> この件の改修は1月中を予定しております。

※ 2017/1/10 表示が復活いたしました。

1


2016年12月15日 (木)

公正な○○を求めて

12/17 日本スポーツ法学会第24回大会
シンポジウム
「アンチ・ドーピング体制の整備に関する法的課題」

14:15- 中央大学後楽園キャンパス5334教室

馳浩議員、境田正樹東大理事、宍戸常寿教授ほか
+高山(2012年度文部科学省「ドーピングに対する法的制裁制度に関する調査研究ワーキンググループ」座長)

オリンピック誘致したの私だ! ったが

SOME THINGS ARE NOT UNDER CONTROL

対立候補だった都市もテロの危険が高すぎ到底むりな状況

 * * * * * * *

WE ARE NOT UNDER CONTROL

12/18「与えられた自由から掴みとる自由へ」
SAVE TATTOOING EXPRESSIONS Vol. 2

15:00- 心斎橋SUNHALL

三宅洋平さん、JESSEさん(RIZE)、LiLiCoさん、
金光正年さん(NOON風営法裁判最高裁で無罪)ほか
大阪TATTOO裁判弁護団+高山(NOON裁判第一審証人)

メンバーがすごいことになってきました。

詳細はこちらです。

入れ墨が医師法違反ってないだろう」

NOON裁判に引き続き、美しすぎる弁護人も一緒なのですが、
今回

お姫さま抱っこできそうな被告人

もいらっしゃいます。いたいけなり。ひと目見たら支援せずにいられません。
前回はひとりで何人も抱っこできそうな被告人でした。

18121601

18121604

18121602

18121603

 

 * * * * * * *

オスプレイ着水
AN EMERGENCY LANDING IN THE SEA

12/23 NHK問題京都連絡会
「安倍政権とメディア」
13:30- 京都教育文化センター101号室

1

新ネタ披露あります!

メディア汚職を処罰する海外法制

今年施行された韓国の「キムヨンラン法」やイギリス法系などの厳しい
商業賄賂罪
のご紹介。比較法国際アカデミーでの研究をベースにいたします。

05041305ザグレブ大

2016年11月28日 (月)

また虚偽報道

「安全保障関連法に反対する学者の会」からお知らせです。

2015年12月6日に行われたSEALDsと学者の会とのデモへの妨害
(動画開始2分50秒ぐらいから)

について、11/25の時事通信の記事はこのように報じています

20161128_131101


しかし、実際には「学者の会」の発起人・佐藤学教授と事務局担当者は警察の事情聴取に応じており、当時私たち呼びかけ人にもその旨が報告されていました。

すなわち次のことが明らかになります。

(1)警察と時事通信とのいずれかまたは両方が意図的に虚偽の情報を流している。

(2)時事通信は主催者側に事実確認を行っていない。

2016年11月27日 (日)

ダンスもタトゥーもコミックも表現の自由だよな?

英国ファイナンシャルタイムズさんに、TATTOO裁判に関するインタビューを収録していただきました

2711160101_4

2711160301

2711160201東京中央郵便局前

現在、彫り師さんが医師法違反で起訴された事件が大阪地裁に係属しています。
記者さん達は、憲法上の表現の自由を勝ち取る闘いとしてこの裁判を取材中。

そもそも入れ墨は、現在の軽犯罪法にあたる法律で規制されていた時期があったのですが、戦後この罰則は廃止されました。その後、一部の地方自治体の条例で、青少年に対する入れ墨を禁止していますが、大人に対する行為を再度犯罪とする法改正は行われていません。

また、入れ墨によるケガや病気が起きた場合には、刑法の業務上過失傷害罪が成立するはずですが、このような被害は社会問題化していません。

医師法違反の罪は、医師免許のない者が医業を行うと成立します。
彫り師の行為は「医業」ではないことが歴史的にも当然と考えられていたのに、警察は突然彫り師の摘発を始めたのです。風営法によるクラブ一斉摘発を思い起こさせます。

NOON風営法裁判で最高裁は、社会に対する危険をもたらさない行為を処罰して表現の自由を制約することは許されないとの立場を確認しました。
同じ考え方によれば、医師免許制度に何の危険ももたらさないTATTOOを医師法違反で処罰することは憲法違反となるはずです。
警察の取締り権限の濫用は許されません。
他にやるべき仕事があると思います。

※ NOON最高裁判例が確認したように、通常のクラブのダンス営業に風営法の許可はいりません。許可を取得するよう警察が行政指導することは、憲法違反です。場合により職権濫用罪(刑法193条)が成立します。違法な取締りにだまされないでください。

条文

12/18に大阪にて、TATTOO裁判支援と問題提起のイベントを行います
メンバー、内容ともとんでもなく盛りだくさんになってきました。
TATTOOに興味がなくても、表現の自由が大事だと思うみなさん、来て見て体験してください。

SAVE TATTOOING IN JAPAN オフィシャルサイト
詳しくはこちらをご覧ください。

【与えられた自由から掴みとる自由へ】
JESSE(RIZE)
三宅洋平(ALBATRUS)【Special guest】に加え、医師法違反による摘発を受けそれを不服とし法廷で戦っている彫師 増田太輝氏を代表に、タトゥー・刺青の法整備活動を行うSAVE TATTOOINGが主催するEXPRESSIONSは
JESSE(RIZE)三宅洋平(ALBATRUS)高山佳奈子(京都大学 刑法学教授)などを迎え2016年12月18日(日)大阪心斎橋サンホールにて、ライブ&DJパフォーマンスとトークセッションをメインにその他、バナナにタトゥーを彫るバナナタトゥーやボディーペイントコンテントなどアートに関わる様々な催しを開催。難しい問題を楽しみながら伝える事で、社会に起きている様々な問題に目を向ける大切さを伝えます。

banana banana banana banana banana banana banana 

1911160501 11/19 京大職組女性のつどい@宇治じゅんな

 

11/23の団結・交流まつり、下鴨九条の会講演、11/24講演と文化の夕べは無事に行われました。
たくさんの方々にご来場いただき、厚く御礼申し上げます。

23111602012411160601

2411160101_2

私の次の憲法関連講演は 12/23 NHK問題京都連絡会になります。

1 12/17 は日本スポーツ法学会大会にパネリストとして出ます。

1711160801

2016年11月18日 (金)

12/4(日) 長谷川郁夫×中沢けい@京大!

私も役員を務めております日独文化研究所
が京大にて12/4に公開シンポジウム
「言葉の襞」
を開催いたします。

***************

H28_symposium02

日時2016年12月4日(日)14時~17時30分
会場京都大学吉田キャンパス 法経本館(法経済学部本館)法経第7教室

  ※会場へのアクセスにつきましては、こちらからご確認ください(「法経本館(法経済学部本館)」は、リンク先のマップ「4番」の建物となります)。

挨拶
講演:長谷川郁夫(文芸評論家)
   言葉の襞Ⅰ
   中沢けい(作家)
   言葉の襞Ⅱ

対談:長谷川郁夫×中沢けい
   言語の身体性をめぐって

司会・コメンテータは本研究所の理事がつとめます。
講演・対談後、引きつづき本研究所理事のコメントを軸に、フロアも交えたパネルディスカッションをおこないます。

 日独文化研究所主催「公開シンポジウム」は、哲学、宗教、法学、精神医学、文学等の分野にまたがる企画として、すでに20余年の伝統を重ね、市民に親しまれてまいりました。これまで数年ずつの連続テーマ「自然」、「生命」、「歴史」、「時間」、「生と死」が取り上げられ、現在、「ことば」をテーマとした探求を行っております。
 本年度は、文芸批評・評伝の分野の第一人者でおられる文芸評論家・長谷川郁夫先生と、独自の文学世界を打ち立ててこられた作家・中沢けい先生を講師にお招きして、言葉の襞をテーマにお話しいただくこととなりました。
さらに、お二人には「言語の身体性をめぐって」と題して対談もしていただく予定です。例年と同じくフロアからの質問も交えて、自由で創造的なディスカッションの場を作り出したいと思います。どうぞふるってご参加下さい。

入場無料
申し込みは、E-mail、FAXにて、日独文化研究所へご連絡下さい(住所、氏名、性別、年齢、職業、電話番号を記入のこと)。

※ 広く市民一般に開かれたシンポジウムで、どなたでもご参加いただけます
※ 主催:公益財団法人日独文化研究所/共催:京都大学法学研究科
E-mail:symposium@nichidokubunka.or.jp
FAX: 075-771-5242
***************
中沢けい先生ウェブサイトにも掲載していただきました。

1711160101

百万遍門と会場入口にも看板を設置いたしました。
告知されていませんが、コーディネーターは、
Profakioogawa_2小川暁夫
にございます。(写真は関学ウェブサイト)
***************
***************
11/17にはドイツのガウク大統領が京大にお越しになりました。

Bundespraesident

上智大学の河崎健教授がジーボルト賞を授与されました。
(写真は大統領ウェブサイトより)

2012sieboldpreis_takada_gauck司会は阪大の高田篤教授がお務めになりました。
(写真は2012年の授賞式のもの)

フンボルト財団理事長、京大総長、大使、総領事もお越しになり、祝典感満載でしたが、私にとってより重要だったのは、自分も企画メンバーになっていた、大統領と若手研究者との懇談会でした。
総領事や京大の他分野の先生方などと一緒に、2か月以上前から準備してきました。
結果は大成功で、有意義な対話となったようです。
ドイツ語の報道です

 Handelsblatt. "Demokratie muss ein lernfähiges System sein"

 Der Farang. "Gaucks Vermächtnis: Zutrauen statt Angst, Zupacken statt Wegducken"

Ap若手研究者懇談会の様子(写真はAP)

貧乏な人でも教育が受けられて政策形成に関与できるのが民主主義というものではないか???
ご参加くださった各大学の若手研究者のみなさん、ありがとうございました
おかげさまで鼻高々でございます。

1711160401大使、清水扇丈先生(研究賞受賞)と

***************

その後も行事が続いておりますが、私はフンボルト財団・日本フンボルト会の方々との会合に参加しました。
ニコ動チームです!!!

1311160101

11/13に配信した「難民問題とドイツ」は、

youtube

にて録画の視聴が可能です。

個人的には、今年2回渡独してそれぞれの機会に複数の都市を見ましたが(町によって外国人の様子がかなり違いました)、限度について争いはあれ、難民をある程度受け入れる必要があるという点には人道的見地からのコンセンサスが感じられます。
空爆が難民を生み出しているという根本的な問題への対処のほうが重要だと思われます。

1711160701

***************
***************
白井君のダブルヘッダーがあるそうなのでお知らせしておきます。
11/26(土)
ひる@京都
時間:13:00-15:00
講師:白井聡(京都精華大学専任講師)
会場:京都教育文化センター302号室
主催:左京革新懇
11/21詳細入手しやしたsign01
「政治を動かす市民――政党の姿勢を問う――」
白井聡氏:市民と野党の共同について積極的に発言し行動する、今話題の論客。
主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛けてきたが、3.11を基点に日本現代史を論じた『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)により、第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞。著書に『未完のレーニン』(講談社、2007年)、『「物質」の蜂起をめざして』(作品社、10年)、『「戦後」の墓碑銘』(金曜日、15年)。
よる@東京
「新しい日米外交を切り拓く 沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ」
~過去・現在・そしてアメリカ大統領選挙を経て~
時間:18:00開場 18:30~20:30
講師:白井聡/中島京子/猿田佐世
会場:星陵会館ホール

26111601

***************

その他

11/19(土)
安倍政権の暴走止めよう!自衛隊は戦地に行くな!国会議員会館前行動
14:00-15:30
場所:国会議員会館前~国会図書館前路上
国会議員からの挨拶:
民進党、共産党、社民党、自由党、沖縄の風(各予定)
連帯挨拶:
TPP阻止国民会議(山田正彦)
ベテランズ・フォー・ピース(元米兵)
高江のヘリパッド建設に反対する若者有志の会(元SEALDs元山仁士郎)
南スーダン派兵(志葉玲)
安全保障関連法に反対する学者の会(広渡清吾)
日弁連憲法問題対策本部(川上詩郎事務局長)
エキタス ほか

11/20(日)
対談 中野晃一×奥田愛基
市民の力はどこへ向かうのか
・・・市民連合、野党共闘、リデモスを語る・・・
時間:16:30-19:00
会場:上智大学 中央図書館 9F 911 会議室http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

申込方法:氏名を明記し、「11.20 対談参加希望」と書いて、前日までに、メールで  info@begleiten.org から、お申込みください。特に返信しませんが、定員を超えた場合は、その旨ご連絡します。当日図書館 入り口で作成された名簿にチェックを入れてご入館ください。事前に申し込みをしないと、入館できません。
参加費:1000円(学生/生保・障害者 500 円)

どなたでも、参加できます。
終了後、講師を囲んで懇親会を予定しています。
(各自が飲食した分をお支払いいただきます。)
主催:ベグライテン   HP http://begleiten.org/
FB https://www.facebook.com/begleiten2/
ミシュカの森   FB https://www.facebook.com/mforest
共催:上智大学哲学科
問合せ:090-9146-6667(関根)・ANA71805@nifty.com(入江)

2016年11月10日 (木)

樋口陽一先生講演会ほか

恩師樋口陽一先生(1934-、立憲デモクラシーの会・安全保障関連法に反対する学者の会)のご講演を2件お知らせします。

11/12
トランプ大統領誕生を予測していらっしゃいます
---以下、主催者サイトからの引用です。---facebookページ12111601

いま「国民」の「主権は」?
 ~エリートを拒否する「国民」?
「強い権力」を求める「国民」?
     そして日本は?~...

日時:11月12日(土) 15:00~17:00
場所:上智大学 12号館 3F 302教室
〒102-8554 千代田区紀尾井町7-1
(JR中央線・東京メトロ丸の内線/南北線四ツ谷駅
麹町口・赤坂口から徒歩5分)
 http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

講師:樋口 陽一 さん(東京大学名誉教授、上智大学元教員、法学博士(憲法学))
略歴:1934年生まれ、東北大学、東京大学、上智大学、早稲田大学、パリ大学で教授、特任教授、客員教授を務め、国際憲法学会などの学会の名誉会長。
主な著書:最近の一般人向けの本として「日本国憲法」―まっとうに議論するために―(改定新版2015 みすず書房) など多数

講師から一言
「国民」が「主権」者だということは、どういうことなのでしょうか。どうみるべきなのでしょうか。
私の話しの当日に、トランプ大統領が実現している可能性は決してないわけではない。イギリスの国民投票 は予想に反してEU離脱を決めた。ハンガリーのオルバン政権やトルコのエルドガン政権の強権発動は、国民に支持されている。何よりプーチン政権は圧倒的に国民の人気を集めている。
そして、日本は?…‥みなさんと一緒に考えてみたい。

参加費:1,000 円(学生/生保・障害者 500円)
☆どなたでも参加できます。事前申込は、不要です。
☆終了後、講師を囲んで懇親会を予定しています。
各自が飲食された分をお支払いいただきます。

主催: ベグライテン HP http://begleiten.org/
FB https://www.facebook.com/begleiten2/
ミシュカの森 FB https://www.facebook.com/mforest
共催: 上智大学哲学科
問合せ:090-9146-6667(関根) ・ ANA71805@nifty.com(入江)

-----------------------------

11/26

自民党憲法草案を問う!@民進党神奈川
---以下、チラシからの引用です。---

先の参院選を受けて、憲法改正が現実の政治課題として浮上しています。
そこで、改憲案の基本となる自民党改憲草案について、日本を代表する二人の憲法学者に徹底的に論じて頂きます。
是非、お誘いあわせの上、ご参加下さい。

1126

PDFチラシ

11月26日 14:00~16:00 藤沢ミナパーク多目的ホール
第1部 講演:樋口 陽一
第2部 講演:小林 節
第3部 対談:樋口陽一×小林節 司会:あべともこ衆議院議員
参加費 :当日2,000円    事前申し込み(前日まで) 1,500円
【主催】民進党神奈川県第12区総支部 あべともこと共に歩む会
【問い合わせ】〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-13-13 藤沢共同ビル1階
TEL 0466-52-2680  FAX 0466-52-2681
■寒川の皆さま  13:00町民センター発、送迎バスをご利用ください。
ご利用の際は上記へご連絡下さい

* * * * * * * *

その他のお知らせ

11/13
日本フンボルト協会関西支部にございます。

シリーズ「ドイツへの眼差し」:日本フンボルト協会関西支部企画 第2弾
難民問題とドイツ

2016年11月13日(日曜)午後3時から
ニコニコ動画: http://live.nicovideo.jp/watch/lv280466990
YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCrUx4EiHsTRpuKnElG3QDVA

 難民受け入れを回避するため、英国民はEUからの離脱を決めた。これに対し、ドイツは驚くほど難民に対する開放的政策を取っているが、足元ではこれに反対する民族主義が台頭し、現政権の基盤を揺るがし始めている。
 今回は、ゲーテ研究の第一人者であるとともに、現代ドイツ社会についても詳しい、高橋義人平安女学院大学教授・京都大学名誉教授に、難民問題に関するドイツの歴史と、現在の状況について、お話を聞きます。
 今回はニコニコ動画に加えて、YouTubeでも同時発信をする予定です。ぜひ番組をご覧ください。

-----------------------------

11/19

総がかり 学者の会も参加します。

19111601

* * * * * * * *

トランプ候補勝利についてのサンダース氏のコメント

OVERSEAs より。
仏大有志の会・野崎先生 good job です。
TPP にノー。
アベノミクスにノーです。

リテラ「トランプ恐怖は日本の対米従属の表れ」
(11/8)

アメリカではどこかの国と違って憲法が尊重されていますから、合衆国憲法に明らかに違反する暴言の内容がそのまま実現するはずがないことを皆わかっているのです。どこかの国のアタマだけでアメリカを見るのはアメリカ人に失礼だと思います。
許しがたいポピュリスト的言動の繰り返しにもかかわらずトランプ氏が少なからぬヒスパニックやイスラム教の人の支持を得た理由を考えるべきです。
日本では政権に不都合な側面はほとんど報道されていませんが。

0611160301 11/6 宝ヶ池公園

0911160101_211/9 丸太橋

2016年11月 5日 (土)

11/9 京大吉田事業場過半数代表者選挙

※11/10追記 1000票を超える信任票を得て太田教授が選ばれました。信任票の率も前年より上がりました。ご支援くださいましたみなさまに御礼申し上げます。

 

11/9(木)11-14時に、次年度の京都大学吉田事業場過半数代表者選挙が実施されます。

10031601

京大職組は、前委員長の太田耕司・理学研究科教授を推薦しています。
投票権は、非常勤講師TA・RAの学生さんにも認められていますので、当日の投票または期日前投票をもれなく行うよう、お願いします。

161031_05th_a3p4_web01__1

161031_05th_a3p4_web02 

投票場所などの詳しい情報は職員組合ニュースをご覧ください。

camera camera camera camera camera camera camera

10/29-30 のマルチュケ氏写真展は大盛況でした。

2910160301

3110160601 写真はモニカさんにご提供いただいたものです。
次回が楽しみですsign01

empty empty empty empty empty empty empty

みつなが府議が
11/6(日)青空まつり@宝ヶ池公園
のサイトを作ってくださいました。

高山佳奈子に何を聞いても良い企画

があります。体重を知りたい方はお越しください。

spa spa spa spa spa spa spa 

日本のうたごえ祭典 in えひめ

11/11(金)-13(日)日本のうたごえ祭典
ウェブサイト

洛北青年合唱団が参加しますnotes

note note note note note note note 

11/20(日)パブロ・カザルス ドキュメンタリー映画&コンサート

20111601 前売り500円
ママの会の学芸大・有澤知乃先生の企画です。

14:00- えむけースタジオ(「外苑前」徒歩10分)
第一部 ドキュメンタリー映画上映会(約60分)
第二部 チェロ独奏&弦楽アンサンブルのミニコンサート(約40分)
 バッハ 無伴奏チェロ組曲より
 カタロニア民謡 「鳥の歌」
 チャイコフスキー弦楽セレナーデ 第三楽章「エレジー」
 ドヴォルザーク 「新世界」 第二楽章より「遠き山に日は落ちて」
ゲスト出演者 チェロ独奏 荒木知弥さん

rock rock rock rock rock rock rock 

11/23(祝)京都団結・交流まつり@六孫王神社

30111400

11/23(祝)下鴨九条の会@左京区役所2F 14:00
「山は着実に動いている――立憲主義回復に向けて私たちのできること――」

11/24(木) 1610031 pen pen pen pen pen pen pen 

12/18(日)Save Tattooing Expressions vol.2@大阪

18121601

tv tv tv tv tv tv tv 

12/23(祝)NHK問題京都連絡会

「民主主義破壊への情報操作を追い詰めよう」

1 改訂版チラシができました

2016年10月29日 (土)

日本の美を語るには

10月29日・30日の2日間、一条戻り橋にて
モーリッツ・マルチュケさんの写真展が開催されていますsign01

Fotoausstellung_marutschkes1

Fotoausstellung_marutschkes2

会場は堀川一条東入る・マルチュケ家です。
モーリッツさんは同志社大学法科大学院教授のハンスペーター・マルチュケ先生のご子息です。

カレンダー、高品質プリント、絵ハガキの販売あり。
知る人ぞ知るモニカ夫人の絶品クッキーと飲み物が無料で提供されています。
japanesetea

開場時から、多くの来訪者がありました。
地元の方々の主なコメントは、京都人なら見過ごしてしまうようなところを切り取った写真に気付かされることが多い、というもの。

展示されているのはこのような写真です。

癒やされます。
日常に疲れた心に潤いを。
お時間のある方はぜひお出かけください。

日本は美しい。
日本しか知らない人が日本の良さをいくら自慢しても、説得力がありません。
地球の美しさは宇宙からしか見えません。

違いを認め合ってこそ、互いの良さがわかるのです。

29101602

岩倉北九条の会の講演会には、多くの方にご来場いただき、厚く御礼申し上げます。
こんな感じでsign01 人気Tweetもご紹介しました。

7bae7e0bs

http://livedoor.blogimg.jp/kimito39/imgs/7/b/7bae7e0b.jpg

 

昨日の中野晃一先生@関西市民連合

録画が公開されております。

【ご参加ありがとうございました!】
今日は約200名の皆様にご参加頂き、誠にありがとうございました!動画のアーカイブはこちらのfacebookページにてご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください!そして、一連のツイートも必見です。 https://t.co/c4NJv4wDBT

— 関西市民連合 (@shiminrengo_ksi) 2016年10月28日

Cv2sqf5vmae3gj1  

その他の告知です。

11/6(日)青空まつり
10:30-15:00 宝ヶ池公園 国際会館駅4-1出口
「市民と野党の共闘で戦争法廃止 平和の破壊と基本的人権奪う改憲
阻止!」

Tadashishimizu 元お笑い芸人の清水ただし議員
(写真は松岡かつひこ氏ブログより)

Satoshiinoue井上さとし議員
(写真はlogmi「全10政党が語った”ネット選挙”への戦略と想い!」より)

0110160202_2私もトークセッションに参加します。

和太鼓、津軽三味線、アフリカ音楽etc.ありますsun

 

110616040211/16(水)洛北青年合唱団うたう会
+研究生募集プロジェクト

19:30-21:00 西陣文化センター
どなたでも歓迎です。

 

11/23(祝)団結・交流まつり 
六孫王神社

2404160104京大PPM2.5

 

11/23(祝)下鴨九条の会
高山佳奈子
山は着実に動いている
――立憲主義回復に向けて私たちのできること――」
14:00- 左京区役所2F

1010160201

メタリック風船バーガンディメタリック風船バーガンディメタリック風船バーガンディメタリック風船バーガンディメタリック風船バーガンディ

11/24(木)講演と文化の夕べ
19:00- 西陣文化センター

元・五つの赤い風船 長野たかしさんほか

ご出演予定sign01 私も出ます。

1906161202

 

12/18(日)Save Tattooing Expressions vol. 2@大阪
15:00-21:00 心斎橋SUNHALL

Cvva1asviaaibs51 NAUオフィス/三宅洋平事務所

Tattoo TATTOO裁判弁護団

0105160701

 

12/23(祝)「民主主義破壊への情報操作を追い詰めよう」
13:30- 京都教育文化センター101

Takayama12233pdf